外科の治療

外科の診療とその治療について

外科は、大きな病院に設置されていることが多いです。
怪我以外の病気の場合については、まず近隣のかかりつけの内科で診断を受けて、その結果、精密検査や手術を要する治療が必要となって外科で治療をうけるパターンが多いのではないでしょうか。
たとえば癌の治療などは、まず体の不調を近隣の内科で見てもらい、そこで癌が発見されるもしくは、疑われて大病院での精密検査となるケースが多いようです。
外科は主には手術をするところというイメージがありますが、手術に至るまでの、患者の体力や、病気の進行具合の判断もここで行います。
ただ手術だけではなく、その患者が手術に至るまでの治療法の判断もここでの重要な仕事と言えます。
たとえば癌の治療で、手術で患部を切除する前の抗がん剤を使った化学療法を加える判断など、転移がある場合の癌治療ではよくあるケースです。
内科での診断で早く精密検査を受け、自分にベストの治療方法をしてもらうことが、病気の早期回復の大事な方法です。

外科医の治療方法はどんなものがある

外科医は内科とは違って、薬を処方した治療ではなくて、手術などによって、治療を行う診療科です。
怪我ややけどのような身体の一部の修復を行ったり、内蔵の病気の原因となっている部分を取り除くなどの行為を行ないます。
近頃は、医療技術が発達して、医療機器も進化してきており、メスによって身体を切り開いて内臓の手術を行うだけでなく、腹腔鏡や内視鏡などを使用した治療方法も、外科医の治療方法として増えてきています。
外科の対象となる病気としては、外傷や主要な炎症、肉体のあらゆる部位や臓器にわたっており、非常に幅広い知識とスキルが必要となっています。
このことから、診療科目は細分化されており、それぞれ担当医をつけている医療機関が多いです。
この診療科目の種類と数というものは、それぞれの医療機関で異なっており、統一されていないのが現状です。
医療法では、表示できる診療科目が制限されており、広告できる診療科目は限定されています。

pickup

2017/3/2 更新