内科の治療

いろいろ診てくれる内科

医科の中で一番多くの看板を掲げているのが内科です。
内科と一口にいっても、呼吸器や循環器や内臓系統などの専門職がたくさんあります。
身近な風邪やインフルエンザは、この科で診てもらうことがほとんどですし、軽傷や心の悩みについてもこの科の医師が場合によっては診ることがあります。
病気の半分以上はこの科関係が占めていますので、身近なところにこの科があると便利でしょう。
特に僻地になると医師がいませんので、週数回医師が僻地診療としてやってくることがありますが、やはり血圧や体調不良などといったこの科の医師が担当になっています。
最近では、総合診察専門の医師養成もあってか、すべての病気やすべての簡単な技術を一通り診ることのできる医師が増えつつあります。
ここで基本になるのは当然内科です。
病気の中心になるので、これらの科の基本となる症例を把握しながら外科や産婦人科など他の科にも踏み込んでいきます。
医師不足が叫ばれる中、このようにオールマイティーな医師を育成するのは国や自治体にとって焦眉の急であります。

最近の内科についての考察

人々にとって最も身近な病院の診療科目が内科というものです。
風邪や食あたり、インフルエンザに感染した際に気軽に受診でき治療を施してもらえるところなのです。
聴診器や触診によって悪い個所を診察し、必要に応じて抗生物質や薬、注射の投与を受けられるのです。
しかし最近ではこうした診療だけにとどまらず様々な治療やケアを受けられる場所になっているのです。
例えば心療内科などもその一つであり、メンタルを病むことによって体には様々な症状が見られるようになるのです。
こうした精神疾患と体の疾患を複合的に治療できるようにもなっているのです。
また美容内科というものも見られるようになっているのです。
近年はアンチエイジングの一大ブームだと言えるのです。
こうした背景を受けて若返りが期待できるプラセンタやビタミンC、ヒアルロン酸やコラーゲンの注射や点滴を受けることのできるクリニックも増えているのです。
またAGAや禁煙治療なども受けることができるのです。

recommend

2017/3/2 更新